初めての転職には転職エージェントがおすすめ

転職に挑むサラリーマン キャリア

転職に挑むサラリーマン

「転職って、実際どんな感じなんだろう」
「履歴書とか、エントリーとか、面倒くさそう」
「新卒3年目で転職してもいいのかな」

転職活動は、重大なイベントなので、不安になるのも仕方ないですよね。

・転職活動に踏み出すのが、面倒くさい。
・あと1年働いてみてから考えよう。
・でも、このままボーっと毎日を過ごすのも不安。

そんな風に考えながら、日々を過ごしていませんか?
気づけば、もう1年も終わろうとしている・・・。

転職は、社会人になって初めてぶつかる人生の転機です。
自分一人で考え込んでも、よい答えが見つからないことが多いのが実情です。
かといって、家族や同僚に相談するのも、なんとなく心細いですよね。

「そんな経歴じゃ、転職したって無駄だよ」
「資格くらいとっておかないと、何をアピールするつもりなの?」

今の自分の実力なら、どんな会社にエントリーできるのか。どんな経歴や資格が必要なのか。

職務経歴書はどうやって書けばいいのか。

年収は上がるのか。

残業は増えるのか、減るのか。

年間休日はどうなるんだろう。

結局、わたしってどんなキャリアを夢見てたんだっけ?

考えれば考えるほど、不安になってきますよね。なにしろ正確な情報や信頼できる友人がいない・・・。

若い社会人が最初にぶつかるのが、この転職の壁です。

転職経験のある友人に話を聞いたり、ビジネス雑誌を読むのもとても大事なことですが、最も確実なのは、転職エージェントに相談することです。

転職事情に詳しいプロの視点を教えてもらうことが、転職を成功させる一番の近道なのです。

若い社会人の転職活動は厳しい戦いになることも多いのが事実です。しかし転職サービスを利用すれば、かなり有利に進めることができるのもまた事実なのです。

今回は、そんな若い社会人に向けて、転職活動を進めるうえでの記事を書きました。

転職は、人生を変えるチャンスである

転職で人生を変えよう

なぜ、あなたは転職したいのでしょうか?

今の仕事に何かしら不満があるからですよね。あるいは、今の仕事を続けることに不安を感じているからでしょうか。もしかすると、キャリアアップをしたいという理由かもしれません。

転職の理由は人それぞれですが、転職活動に飛び込んでいくのは、かなりの緊張とストレスを伴いますし、今の職場を辞めるための勇気だって必要です。

どんな理由で理由は人それぞれですが、ポジティブな理由にせよネガティブな理由にせよ、一歩踏み出すには勇気が必要です。

しかし、そこで悩み続けていると、大きな無駄が生じます。それが「時間」です。もっとわかりやすく言うならば「年齢」と言ってもいいでしょう。

日本の転職市場では、いまだに「年齢」が大きな要素となっています。最近は、東京オリンピックに向けて景気のいい話が続いており、転職市場は過去最大級に盛り上がっています。求人倍率も高水準が続いているので、転職はかなりしやすい状況にあるのです。

とにかく注意が必要なのが、年齢です。

あなたが転職をするかどうか、ずっと迷っているとしましょう。その状態で1年経過したとすると、チャレンジできる業種・求人が変化してしまいます。これが年齢の重要性です。

さっさと転職活動を始めておけば通過できたはずなのに、わずか1年間、ボーっとしていたたせいで、転職をお断りされるような企業が実際に存在します。

今の職場で1年間長く働いたこと自体は、職歴になりますから決して無駄ではありません。しかし不本意な職場で働き続けても、人生の質は好転しません。逆に転職を先延ばしにするということは、興味のある求人・行きたかった企業にアタックするチャンスさえ失うことになるのです。

とにかく、現状の仕事がつまらない、現状の職場環境が良くない、仕事のやる気が出ない、という状況にあるなら、今すぐ転職の準備を始めましょう。

あなたはどんなキャリアプランを描いていますか

通勤

仕事に対してやる気がない状態で、ずっと働き続けるのは実に苦しいことです。やる気のない状態では、理想的なキャリアを積み上げることはできませんよね。

嫌な上司のせいで仕事が楽しくない、職場環境が良くない、残業が多い、仕事そのものが面白くない、など、本人のやる気を無くす要因があるということは、その仕事はその人にのキャリアプランにマッチしていないのです。

仕事が面白くないと、プライベートも一気につまらなくなってしまいます。

土曜日は寝て過ごすだけ。日曜日なのに、なんとなくやる気が出ない。仕事のことを考えるとゆううつになる・・・。

仕事に対して不満が多いと、キャリアを積み上げることも難しくなりますし、ひとりの人間として人生そのものがつまらなくなってしまいます。

また、近年では人生の節目で、急に貧困層に落ちてしまう人も多いのです。

ブラックな職場環境に忙殺され、結婚できずにズルズルと過ごした結果、気が付けば40歳になってしまった。

ローンで一軒家を立てましたが、高齢の母親が病気になり介護をすることに。ずっと仕事に忙殺されて、結婚相手が見つからなかったので、もちろん独り身。

職場の理解が得られなかったので、介護しながら働くことができず、ついに日雇い事務職員に転職してしまう。

(筆者の知る中年男性の例)

そんな中高年が増えています。これは誰にでもありえる話です。若い社会人でも無縁のことではないのです。

現状、将来のことも含めて仕事について悩んでいるなら、少しでもホワイトな職場環境に身を置くようにしましょう。

結婚相手が見つからなかったり、家族が事故やケガで働けなくなることだってあり得ます。そういったときに、理解のないブラックな職場にいると、もはやどうしようもなくなってしまいますよ。

現状から抜け出すには、とりあえず転職の準備を始めてみましょう。とはいえ、転職活動のすべてを一人でこなすのは難しいものです。

自分には、何ができて、なにができないのか。自分に向いた仕事は何なのか。自分が興味のある分野は何なのか。自分のキャリアプランを実現できる会社はあるのか。

自分自身のキャリアの棚卸しをする意味でも、転職エージェントに相談することには、大きな意義があります。むしろ若い人こそキャリアカウンセリングを受けてほしいのです。

転職エージェントは無料で利用できるし、登録するだけでも良い

転職エージェントを利用しよう

今すぐ転職する予定がないという場合でも、転職エージェントを利用しても構いません。

「今の職場になんとなく不安があって、とりあえず話を聞いてもらいたいんだけど・・・」といった場合でも、エージェントをガンガン利用しましょう。

転職エージェントは、キャリアコンサルタントという国家資格を持っている場合が多く、キャリア支援に特化した「キャリアカウンセリング」という専門的な面談を得意としています。

※ちなみに、筆者もキャリアコンサルタントの資格を持っています。

キャリアカウンセリングを実施してもらうだけでも、自分自身の将来を考える大きな材料になります。結果的に転職しようと思わなくなったなら、それでも問題ありません。

転職エージェントも、利用者に打ち切られることは慣れていますし、よくあるケースなので、心配はいりません。

転職エージェントに相談するメリットは、自分自身の市場価値を理解できること、自分自身の悩みを整理できること、転職活動に関する情報を集められることが挙げられます。

自分ひとりで考え込んでも、家族や友人に相談しても、客観的で具体的な意見は見つかりません。そこは、転職業界に精通したプロに相談したほうがいいのは明らかですよね。

・こういう業界に転職したいんだけど、大丈夫かな
・残業はしたくないんだけど、そんな企業あるかな
・自分がどんな仕事に向いているか、全然わからない

とにかく日頃の疑問をぶつけてみてください。

国家資格を持っているエージェントの場合、対話における心理的な技法を修得しているので、相談するだけでも安心感を得られると思いますよ。

また、キャリアカウンセリングのなかで、自分自身に秘められた意外な適性に気づかされることもあります。

実は事務職に向いていた、実は営業職に向いていた、というような気付きを得られるのが、転職エージェントを利用するうえでの大きな魅力です。

同時にエージェントたちは、業界における裏話やぶっちゃけ話も持っていますので、気になる点を質問できるのもメリットですね。

リアルな残業時間や賞与額、職場環境なども把握しています。恥ずかしがらずにどんどん質問しましょう。

職務経歴書の添削や日程の管理、面接で何を聞かれるかというような対策も実施してくれますし、面接後のフィードバックもしっかり実施してくれます。

二人三脚で内定までサポートしてくれるので、かなり心強いですよ。また、希望企業対しての推薦もしてくれます。

端的に言うなら転職エージェントは、転職活動における「秘書」のような存在です。

初めての転職でも、安心感を持ってどんどん挑戦できるのが、エージェントを利用する最大の魅力と言えるでしょう。

一人で考え込んでいても、ふさぎ込むばかりです。

まずは思い切ってエージェントに相談してみましょう。まずは登録して、話を聞いてもらうだけでもOKです。

過労で心を病んでしまったりする前に、アクションを起こしましょう。

転職エージェントは初めての転職に向いている

転職エージェントは次のようなサポートをしてくれます。

・職務経歴書の書き方指導・添削
・面接対策
・面接のフィードバック
・企業との条件調整
・希望企業への推薦
・キャリアカウンセリング など

転職に関することについて総合的にサポートしてくれます。転職が初めての人、無駄なく損することなく効率よく転職をしたい人、在職中で忙しい人に非常におすすめです。

在職のまま転職活動をすすめるのが無難だけど、退職してからでも問題ない

ブラックな労働環境

転職を進めるにあたっては、転職エージェントを利用するのが確実ですが、問題はどのように転職活動を開始するか、という点です。

基本的には、在職中に転職活動を始めることをおすすめしています。こっそりと転職活動を進めておいて、内定が出たら、退職することを職場に伝えるのが無難です。

こうすれば無職の期間を生むこともありませんし、金銭的な負担もありません。企業と面接をするにあたっては、有給休暇を取得して面接に向かえば問題ありません。急に休みが増えたりすると、上司に怪しまれるかもしれませんが、うまく対応しましょう。

しかし、ブラックな労働環境で働いている場合、つまり今すぐにもで転職しないと心も体もダメになるという場合は、まず現職を退職してから転職活動を始めることになります。

ブラックな職場で疲れ切った状態で、転職活動を同時並行するのは非常に厳しいものがあります。すぐに理想の職場に転職できれば良いですが、あせった結果、またブラック企業に転職してしまった・・・となってしまうと意味がありませんよね。

そういった場合は、休職しながら転職活動を行うか、すっぱりと現職を退職してから転職活動を始めましょう。

ただ、退職してしまうと、お給料がなくなってしまうのでその備えは忘れずに。

幸いにも失業保険という素晴らしい制度がありますので、仕事をやめても路頭に迷うことはありません。日本の社会保障制度に感謝ですね。

ただ、自主退職をしてしまうと失業保険がもらえるのは3か月後になってしまいます。

その間を生き抜くためにしっかりと貯金をしておきましょう。

そういった場合は親や家族を頼ってもいいでしょう。実家から転職活動ができるなら、しばらくは親に甘えながら転職活動をしてもいいと思います。

退職しても転職活動ではそんなに不利にならない

転職を考えているサラリーマン無職の期間が生まれるので、できるだけ退職はしたくない・・・と、思う方がほとんどだと思いますが、若いうちの転職では、それほど不利にはなりません。

2019年現在、とにかく求人倍率が高い状態にあり、転職市場は相当盛り上がっています。

そもそも、いまどき退職して転職すること自体、そんなに珍しいことではなくなりつつあります。

パワハラ上司のせいで心を病んでしまった、残業代が出ない、ボーナスがもらえない、など、ブラックな労働環境で人生を壊してしまってはいけません。

そんな会社はさっさと見限り、退職してしまいましょう。自分の人生が一番大切です。失業保険という制度もあるので、セーフティーネットもばっちりです。

そもそも悪いのは、従業員を大事にしない会社なのです。

転職エージェントも、そういった事情の面談には慣れていますから、心配しなくても細やかに相談に乗ってくれます。

「現職を退職してしまったんですが、今から転職活動って本当にできるものでしょうか?」と正直に最初に聞いてみてください。

転職エージェントもプロですので、キャリアカウンセリングを通じて、理想的な求人を案内してくれますよ。

転職サービスはいくつか抑えておこう

どの転職エージェントがおすすめなのか、という点については、業界最大手のマイナビとDODAに登録しておけば間違いないでしょう。

こうしたエージェントサービスの特徴としては、「非公開求人」が多いという点です。

普通に検索してもヒットしない求人を抱えているのはメリットと言えるでしょう。

担当するエージェントも、内定に向かってしっかりサポートができる人材が揃っており、個人個人にあわせて、適切な求人を紹介・サポートしてくれます。

こうしたエージェントを経由すれば、中堅企業から大手企業への転職が、ひとりで複数件決まるといったケースも珍しくありません。

それくらい現状の転職市場は熱いのです。

エージェントと性格が合わない場合もある

転職エージェントと相性が悪い場合

転職エージェントサービスは、企業にもわたしたちにもメリットがある制度ですが、気を付けておきたい点もあります。

それは転職エージェントもひとりの人間であるということです。基本的にエージェントは相談をする仕事なので性格の良い人が多いですが、どうしても相性が悪い場合もあるのです。

話がかみ合わなかったり、希望する業界をあまり紹介してくれないなど、冷たい感じを与えるエージェントもいます。

エージェントもひとりの人間なので、相性が合わない場合は、別のエージェントに交代してもらいましょう。

お勧めしたい方法としては、大手2~3社を同時に登録して、自分にあっているエージェントを中心に転職活動を進めていくというスタイルです。

とりあえず2社程度に登録しておけば、機会を無駄にしませんので、気軽に登録するのがおすすめです。

かなり多くの20代が転職を経験する時代になってきているので、周りに遅れて優良求人を逃さないようにしたいですよね。

下記の公式サイトの登録ページから自分の情報を入力します。

その後、担当のエージェントから電話・メールで連絡が届きます。そこで面談日を決めて、実際にキャリアカウンセリングが始まります。そこから具体的な求人のオファーと応募が進んでいくという形になります。

利用は完全無料なので、とにかくわからないことはエージェントに相談してみるのがおすすめです。

マイナビジョブ20'sに登録する

転職ならDODA

最初に情報を登録してしまえば、面倒な手続きも無く、スイスイと転職活動を進めることが可能です。自分にあったサービスを見極めて、効率のよい転職活動にしていきましょう。