電話を取らない新人には友愛を示そう【電話が怖い】

電話対応に慣れてきたサラリーマン キャリア

新入社員なんですが、とにかく電話取るのが怖いです。どうせ自分が電話を取っても何もわからないんだから、取らなくてもいいかなあと。でも、電話がなると、先輩がぼくのほうをチラって見るんです。すごく怖いです。見ないでほしいです。無駄に緊張してしまいます。

新入社員を悩ませるのが、オフィスに鳴り響く電話のコール音です。

新入社員のときって、電話がすごく怖いですよね。その気持ち、すごくわかります。わたしも全然電話が取れませんでした。

電話くるなよ、電話くるなよ・・・。と祈っていた時期もあります。

今となっては、懐かしい思い出になっていますが、当時はきつかったですね。

結論から言うと、わたしは「新人は無理に電話に出る必要はない」と思います。

少しずつ、電話に出られるようになればいいのです。4月から先輩社員と同じように電話を取るというのは、かなりハードですからね。

今日は「新入社員」と「電話」の話です。

新人はいちはやく電話を取らないと行けない風潮がある

電話対応するサラリーマン

どこの職場でもそうだと思いますが、新人はとにかく電話を取ることが求められるんですよね。

無理やり仕事を覚えさせるため、新人は電話を取るくらいしか出来ることがないため、など、いろいろな理由があるとおもいますが、わたしはこの風潮は良くないと思います。

新人の緊張を助長させる

将来を考えるサラリーマン

そもそも、新入社員は慣れない環境で緊張している状態です。

入社して間もない4月は、まだまだ学生気分が抜けていません。

オフィスにいるだけでも、かなり神経がすり減ります。

目の前の作業をこなすだけで精一杯です。

そんな状態で、プルルルルルル・・・という電話の音は恐怖でしかありません。

怖い、イヤだ、対応したくない。失敗したらどうしよう、自分ひとりで対応できるかな、知らない人と話したくない。

そりゃ、そう考えてしまうのも無理はないですよ。

だって新人なのですから。

電話のせいで、新人がガチガチに緊張してしまうのは良くないことです。

新人とはいえ、慣れない環境で必死に働いているわけですから。

そこに輪をかけてプレッシャーをかけなくてもいいではありませんか。

先輩社員が示すべきは友愛である

あー、電話が鳴ってる。でも取るの怖いな。どうしよう。気づかないふりをしようかな。でも、先輩が見てるしな。ああ、どうしようかな。オロオロ・・・

あの新人、全然電話を取らないぞ。やる気あるのか?

という先輩社員の気持ちもわかります。電話を取らない新人って見てると、なんとなくヤキモキしちゃうんですよね。

でも、そこはグッと怒りを抑えてください。そして、心の中で唱えてみてください。

「会社に来ているだけで大したもんだ」と。

新人は会社に来ているだけで大したもんだ

社会人の朝

新人は会社に来るだけでも立派です。彼らは、ついこの前まで大学生だったんですから。

そんな彼らがフルタイムで働いている。

毎朝、早起きをして、慣れない満員電車に乗って、オフィスに来ている。まずは、その事実を認めてあげましょう。

生活のリズムが変わるのはかなりきついですし、さらに仕事も覚えないといけないのですから、そのストレス量は半端ではありません。

会社に来ているだけで大したもんなのです。

みんな最初は電話を取れなかった

転職エージェントを利用するサラリーマン

最初から上手に電話を取れる人なんていないんです。

みんな最初は電話を取るのは怖かったはずです。

ですから先輩社員のあなたは、昔の自分に接するように、優しく優しく指導してあげてください。

「電話、取れよ」とか「電話、取ってみようか」ではなくて、「無理に電話を取らなくてもいいよ。仕事に慣れてからでいいからね」と。そう言ってあげてください。

もしくは「電話を取って何かわからなかったら、すぐにオレにつないでくれて良いよ。何回でも対応するから。」と言ってあげてください。

先輩からそう言ってもらえると、新人は心から安心して電話を取ることが出来ます。

ポイントは「何回でも対応する」と言ってあげることです。

新人は、先輩社員に電話をつなぐことに抵抗があります。

電話をつなぐのは迷惑じゃないかな、何回も電話をつなぐのは良くないだろうな、と思ってしまうものです。

ですから、事前に「何回でもつないでくれ良いよ」と伝えておくことに大きな意味があるのです。

それが先輩社員が新人に示すべき「友愛」なのです。

高圧的に指導するのではなく、友愛を持って指導してあげましょう。

厳しい先輩は嫌われる

嫌な上司

厳しく指導することをモットーとしている先輩社員もいると思いますが、これはおすすめできません。

今の新卒世代は、とにかく繊細です。ちょっと厳しくすると、LINEや新人の集まりで、一気にウワサになってしまうので注意しましょう。

電話を取る、取らない、といったことに目くじらを立てるのではなく、新人が働きやすいよう接するのがデキる先輩の条件だと思います。

「あの先輩は厳しくてイヤな人だ」ではなく「あの先輩は新人にも優しくて余裕のある人だ」と評判になるほうが、ずっと良いですよね。

新人が電話に出られないのは当たり前

繰り返しになりますが、新人の電話対応が上手くいかないのは当然なのです。

「知らないこと」や「わからないこと」に挑戦するときは、だれでも緊張しますし、ストレスを感じるものです。

仕事の電話が鳴ると、イヤな汗が出たりドキッするのは、生物として正しい反応なのです。

しかも新人の頃の電話対応というのは、逃げも隠れもできない異様な状況ですから、苦手だと感じるのも無理はありません。

ですから、まずは電話対応で失敗しても大丈夫。という気持ちを持てると良いですね。

とは言うものの、時間が経つと電話に出られるようになるから不思議なものです。

先輩の声を紹介します。

●1ヶ月もすると、落ち着いて電話対応できるようになった。
●仕事の要領が身についてからは、自然と電話に出られるようになった。
●職場の環境に慣れてからは、無心で電話を取れるようになった。
●なんとなく慣れる。
●職場に適応すると、電話が怖くなくなった。

1ヶ月〜半年もすれば、ほとんどの人が電話対応に慣れていくようです。ですから、もう少しだけ、頑張ってみてください。

どうしても電話対応が怖い、ということであれば、優しい先輩を頼ってみましょう。

「どうしても電話に慣れないので、わからないことがあれば、すぐに先輩につないで良いですか?」と、伝えておくのです。

あなたが電話対応に苦戦している事実を知っていてくれる先輩社員がいるというのは、非常に心強いです。

まずは味方を作るところから始めてみましょう。

職場に慣れるには、まだ時間がかかるかもしれません。

でも、最初はみんな電話対応が苦手だったということを覚えておくだけで、ずっと気持ちは楽になりますよ。

ただし、電話を取らないことで暴言を浴びせられたり、怒鳴られたりする職場は、絶対にNGです。それは完全にブラック企業です。

もしそんな企業に入社してしまった場合は、すぐに働く場所を選び直しましょう。若い内なら、転職のチャンスも豊富ですから。

そんな会社で、あなたの大切な若い時間を無駄にしてはいけませんよ!!