飲み会で消耗するのはもうよそう。お酌もサラダの取り分けも意味わからん

飲み会でビールを飲むサラリーマン キャリア

あなたも飲み会に強制参加させられていませんか?

最近では、仕事とプライベートの切り分けが社会的にも広まってきたので、会社の飲み会強制参加という企業はかなり減りました。

しかし、古い企業体質を守っている会社では、飲み会強制参加という風習はまだ根強く残っています。

飲み会のせいで貴重な自由時間を奪われてしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。飲み会強制参加という悪しき風習にあらがうために、わたしたちはどうすればいいのでしょうか。

飲み会に強制参加をさせる企業にまともな企業はない

法律を持ち出すまでもありませんが、業務時間外まで社員を拘束するのは違法です。

一般的にコンプライアンスがしっかり機能している企業であれば、飲み会への強制参加などあり得ませんし、あってはならないことです。

しかし、飲み会は強制参加が当然という理不尽な文化がまかり通っている企業も多いですよね。

飲み会の強制参加は立派なパワハラである

言うまでもなく、否応なく飲み会に社員を拘束するのはパワハラです。

線引きの難しいところですが、基本的に上司が強い圧力をかけてきたり、断りづらい雰囲気があれば、パワハラと見なしてよいでしょう。

わたしの場合、「うちは新入社員は必ず飲み会に参加するのが伝統だから」というような伝統をふりかざされて、飲み会に連れていかれたことがありますが、今思えば本当にくだらない話です。

飲み会で気持ちいいのは上司だけ

飲み会でビールを掲げるサラリーマン

「昔の俺はすごかった」「営業で1番をとった」「お前に仕事の極意を教えてやる」というように、飲み会で気持ちいのは上司や先輩など、上の立場の人間です。

若い世代はお酌をしたり、必死に相槌を打ったりしないといけないため、全く楽しくありません。

上司に強制された飲み会にはメリットが一切ないのです。

しかも、参加することによって、自由なプライベートの時間を奪われるだけでなく、参加費までとられてしまいます。

こんなもの苦痛でしかありません。お金と時間を無駄にして、上司の武勇伝を聞かされるなんて、もはや拷問レベルです。

飲み会のマナーが面倒くさい

さらに性質が悪いのがお酒の場のマナーです。

お酌をするときは最後まで注ぎ切ってはいけない、ラベルが上を向くように注ぐ、若い人が積極的に料理を取り分ける、若い人がオーダーをお願いする、など、わけのわからないマナーがたくさんあります。

もうね、アホかと言いたいですよ。

若い世代は、お酒の席のマナーなんてよく知りませんし、そんなの勉強するのも馬鹿らしい話です。

特にわたしが苦手なのは上司のグラスに気を配ることです。

上司のグラスが空いていたら「あ、何か飲まれますか?」といちいち聞くのが本当に嫌いなんですよね。

自分のペースで勝手に飲んで勝手に注文してくれればいいじゃん、と思わずにはいられません。

しかも気配りができていないと叱られる

飲み会のマナーを語るサラリーマン

「おい、課長のグラス空いてるぞ。注文とれよ」とか「偉い人たちの席を回ってあいさつしてきなさい」とか、しょうもないマナーのことをグチグチいう輩がいるんですよ。

ほんとに勘弁してほしいですよね。

無理やり連れて来られた飲みの席で、なぜ叱られる必要があるのでしょうか。

本当にいい加減にしてほしいです。理不尽にもほどがあります。

うっとうしい体育会系

一概に全員そうだとは言いませんが、わたしの体験上、厳しい上下関係で育ってきた体育会系の社員は、飲み会のマナーにもうるさいです。

上司には絶対服従、飲み会でのマナーも遵守している人が多いような気がします。

体育会系の人たちが上司にやたら気を遣うから、いつまでたっても悪しき伝統が消えないのです。

体育会の軍隊方式を職場には持ち込んでほしくないですね。

二次会・三次会とかいうさらなる時間の無駄

「お前も2次会来るよな?」という圧力をかけてくる上司もたくさんいます。

いやいや、すぐに帰らせてください。早く帰って寝たいです。

翌日は挨拶に回るとかいう意味不明なルール

飲み会の翌日、参加した偉い人たちに「昨日はありがとうございました。」とお礼参りをしないといけないというルールもまだ根深いですよね。なんだそりゃ。

しかも挨拶に行かなかったら、「あいつは挨拶に来なかった」「おごってやったのに」と、陰でグチグチ言われるという理不尽さ。

いい加減にしてほしいです。

飲み会のマナーは時代錯誤

飲み会のマナーは生産性がありません。

ただ、上司を気持ちよくさせ、勘違いさせるだけのくだらない文化です。

わたしたちは接待をするために働いているわけではないのです。

これから先、若い世代の社会人がどんどん増えていけば、くだらない飲み会やくだらないマナーも減っていくのでしょうが、もう少し時間はかかりそうです。

きっぱり断る勇気を持ちましょう

まだまだ根深い飲み会の文化ですが、最近では社会全体で働き方の見直しが進んでいます。

ワークライフバランスの重視という価値観が、現在はかなり強い潮流になってきました。

「飲み会は強制参加」という概念自体がもはや古いものとなっているのです。

ですから、飲み会は断ってもいいという考えをまずは持ちましょう。

・参加しないことによる嫌がらせが心配?
・参加しないと部署の空気が悪くなる
・参加しないと嫌がらせを受ける
・参加しないと空気の読めないやつだと思われる

もし上記のようなことを心配しているなら、そんな職場からはさっさと離脱してしまいましょう。

たかが飲み会に参加しないだけで部署の空気が悪くなるなら、そんな職場は完全にブラック企業です。ましてや参加しないことによる嫌がらせなどもってのほかです。

時代遅れな企業文化に付き合う必要はない

飲み会はコミュニケーションの場として、一定の役割を果たしていることは間違いありません。

しかし、それが参加者の気分を害すものであったりしてはいけません。

強制参加の飲み会に限らず、よくわからない企業文化に悩んでいるなら、ぜひ転職を検討してみてください。

現在どこの業界も人手不足なため、ホワイト企業の求人がたくさん出ています。

エージェントを使えば、転職が初めての若い社会人でも損をすることなく効率的に転職することが可能な時代です。

無理をして嫌いな職場に居続ける時代は終わりつつあります。

飲み会に振り回されるサラリーマン人生で終わっていいですか?

サラリーマンが通う飲み屋街

くだらない職場のせいでいつも消耗していませんか?

古い企業体質のなかでずるずると年齢を重ねてしまい、気がつけば自分自身も若い人にお酌を求めるしょうもない上司になってしまった・・・。

そんな人生を想像するとゾッとしませんか? 

わたしはそういう職場に染まることが絶対に嫌だったので若いうちに転職を決めました。

飲み会が重視されるような会社では、これからさきのあなたのメンタルやキャリアにも悪影響があります。

無理をしてギスギスした環境に身を置いていると、いつか限界がやってきます。

せっかく世の中に若い価値観を持ったホワイト企業が増えているのに、くだらない上司たちに囲まれて人生を過ごすのはもったいないですし、損をしています。

さっさと古い体質の職場に見切りをつけて、のびのびと羽を伸ばせる職場に転職しましょう。

転職すると年収が上がるという事実

転職を成功させたサラリーマン

せっかくですから、転職と年収の関係をチェックしてみましょう。

厚生労働省が実施している「転職者実態調査」によれば、転職の結果、年収が増加する割合は40.4%にも及びます。転職者の10人に4人は、年収が増加しているのです。

また、リクルートワークス研究所の全国就業実態パネル調査【http://www.works-i.com/surveys/panel-surveys.html】調査によると、24歳以下で異職種に転職した場合、なんと48.1%の人が年収が10%以上も増加しています。

異職種に転職して、年収が10%以上増加する割合

●24歳以下 :48.1%
●24〜34歳:46.1%
●35〜44歳:38.0%
●45〜54歳:27.6%

出典:『30代の働く地図』(2018年、岩波書店)(リクルートワークス研究所の全国就業実態パネル調査を基に算出)

とりわけ若い世代の場合、年収が300万円から年収400万円に増加したというように、大幅に年収が上がるというケースも珍しくありません。

年収が300万円だと貯金もなかなかできませんが、年収が400万円台になれば、かなり余裕が生まれますよね。500万円台になれば、生活には相当余裕が生まれます。

趣味や旅行など、プライベートを充実させることが可能ですし、ちょっとした贅沢が出来るようになります。また、ボーナスを使えば、まとまった金額を貯金にまわすこともできます。

毎月10万円くらい資産運用に回すことだって可能です。

かつては転職というと、なんとなくネガティブなイメージがありましたが、それも昔の話です。現在では、キャリアアップのために転職をする人が増えています。

さあ、あなたはどんな会社に転職したいですか?

定時上がりできる会社?
年収の高い会社?
たくさんの休みが取れる会社?
ボーナスで何を買いますか?
どこに旅行に行きますか?

しかも、あなたに合った求人をプロが勝手に探してきてくれるサービスがあるとしたら?

あなたはただ相談するだけで良いんです。

面接の受け答えも、職務経歴書も、裏事情を知りつくしたプロが、あなただけのためにオーダーメイドの個別対策をしてくれる転職サービスがあるとしたら?

リスクを抑えて、無駄なく、効率よく転職しよう

まずは転職する方法です。いくつかの方法がありますので、紹介します。

  1. 転職サイトから応募する
  2. 企業のウェブサイトから直接応募する
  3. 転職イベントに参加する(転職フェア・転職エキスポ)
  4. ハローワークに行く
  5. 紹介で転職する
  6. 転職エージェントを利用する

この中でおすすめしているのは、やはり「転職エージェント」です。

ほかの方法と比べて、手厚いサポートが受けられるので、転職エージェントは人気がるのです。

リスクを最小限にしつつ転職を成功させたいなら、エージェントを使うのがおすすめですよ。

一番人気は転職エージェント

転職エージェントを味方に付けよう

エージェントを利用すれば、面倒な作業をサポートしてもらえますし、あなたにあったアドバイスがもらえます。

ひとりで転職活動をするよりも安心感がありますし、最短距離で内定に近付けると思いますよ。

また、転職市場で戦うためには、あなたの「適性」を見極めることが欠かせません。

エージェントはカウンセリングを通じて、あなただけの「強み」を見出してくれます。

その結果、あなたにマッチする優良な非公開求人にたどり着くことが出来るのです。

転職市場の難易度は高いですが、優秀なエージェントを味方につければ成功率は急上昇します。エージェントにしっかり相談して、戦略的に転職活動を進めましょう。

いやいやそんなこと言っても「転職エージェントを使っても、絶対に転職が成功するわけじゃないんでしょ?」と思った方もいると思いますが、そのとおりです。

正直なところ、転職エージェントを使ったとしても100%ホワイト企業から内定を勝ち取れるわけではありません。それは事実です。

エージェントはあくまでサポート役なので、最後はあなたの頑張りにかかってきますが、それでもやっぱり転職エージェントを使うメリットは大きいです。

なぜかというと、今の仕事を続けながらあなたひとりで転職活動をするというのは、想像以上に辛いからです。

転職エージェントが提供してくれるサポートは次のとおりです。

●職務経歴書の書き方指導・添削
●面接対策
●面接のフィードバック
●企業との条件調整
●希望企業への推薦
●キャリアカウンセリング
●非公開求人の紹介 など

逆に考えれば、転職エージェントを使わない場合は、これらをすべて自分ひとりで行う必要があるということです。

ですから、現職を続けながら無理なく転職をするためには、エージェントを利用するのが効率的ですね。

転職エージェントの感想です。

みんなエージェントを使ってるんだね。

ひとりで転職活動なんてわたしには難しそうだなと思っていたから、ちょっと安心したよ。

おすすめの転職エージェント

非公開求人を活用しよう

転職エージェントはいくつかのサービスがありますが、エージェントの質が高い『リクルートエージェント』と『DODA』をおすすめしています。

リクルートエージェント公式サイト

転職ならDODA【公式サイト】

それぞれ転職業界の最大手ですから、転職初心者の方でもとっつきやすくて安心感のあるブランドです。それぞれ非公開求人が大多数を占めているのも嬉しいところですね。

エージェントサービスは、最低でも2社は登録しておくべきです。

1社だけだと提供される情報が限られるので、より良い判断ができません。3社以上登録しても、無駄が多くなりますし、スケジュール管理も大変になってきます。

上記の公式サイトから希望する業界などを入力するだけで、エージェントから連絡が届きますので、まずは登録だけでもしておくとよいでしょう。

入力は5分もあれば完了します。

▼若いうちに転職すれば、大幅に年収を上げられるということも憶えておきましょう。

飲み会に振り回されるサラリーマンで終わりたくないですよね

転職エージェントを利用しよう

体育会系の企業などでは、まだまだ強制参加の飲み会が多いものです。

しかし、飲み会を重ねてもあなたのキャリアの厚みはひとつも増しません。

「飲み会なんて行きたくない」「飲み会が強制される企業文化が嫌い」と思っているのであれば、そろそろ行動を起こすときなのではないでしょうか。

ホワイトな求人がゴロゴロしている時代です。どんどんキャリアアップしていきましょうよ。お酒の席でいつまで上司に媚びへつらうのですか。

そんなサラリーマン生活を続けていると、将来的にはあなた自身がしょうもない企業文化に飲み込まれてしまうことでしょう。そうならないためにも、ぜひこのタイミングで自分のキャリアと向き合ってみてください。

会社はあなたのキャリアは保証してくれません。つまらない大人になる前に自分のキャリアは自分で守り、自分で切り開いていきましょう。