仕事を休むときの連絡にメールやLINEが許されない会社は異常

電話するサラリーマン キャリア

急に仕事を休む必要があったので、メールで連絡したら、後日、上司から「休みの連絡をメールで済ませるのはおかしい」と怒られてしまいました。休むときの連絡って、絶対に電話じゃないといけないんでしょうか?

いますよね。そういう考え方の古い人間。

わたしの身の回りにも、そういう考え方の人がいます。特に中高年のサラリーマンは、休みの連絡は電話じゃないと許せないと考えている人が多いですね。

そういうタイプの人間は、メールやLINEで休みの連絡を入れようものなら、烈火のごとく怒り始めます。しかし、こういう人間の意見は無視してOKです。

↓でも、残念なことにこういう上司はたくさんいるんですよね。

はっきり言って、仕事を休むときの連絡手段なんて、別に何でも良いんです。

ということで、今回は「休むときの連絡は電話しか許さない職場」について記事を書きました。

休むときの連絡は電話意外は許されないというルールは無い

あなたの会社の就業規則を確認してほしいのですが「当日、急に欠勤する場合は、必ず電話にて連絡すること」という文言が書いてありますか?

そんなことどこにも書いてないですよね。

有給休暇はサラリーマンの権利ですから、極端な話、職場に連絡する義務さえないのです。
(実際のところは連絡なしで急に休んでしまうと、周りの人が心配してしまいますから、全く連絡しないのはNGですよ)

ですから、連絡さえ付けば欠勤の連絡なんていうのはメールでも電話でもLINEでも良いんです。実際にLINEなどのアプリで休暇の連絡を許している職場は世の中にあります。わたしの職場もLINEの連絡で問題ありません。

休みたいときは休む。そして次に出勤したときに、簡単に謝っておけばそれで済みますよね。その分、仕事で成果を上げればいい。それでまったく問題はない。

結局のところ「休むときの連絡は電話にしなさい」と主張する人間は、感情でモノを言っているだけなんです。

「休むときは電話を使え」というのは感情でモノを言っているだけ

こういうことをいう人間はとにかく考え方が古い。意味不明な理由を付けて、若者にブチギレてきます。

  • 自分が若い頃は、メールもLINEもなかったから電話を使うべき。
  • メールやLINEでは、休むときの誠意が感じられない。
  • メールやLINEでは、フランク過ぎる。
  • メールやLINEでは、申し訳なさが感じられない。
  • メールやLINEだけでホイホイ休まれると、腹が立つ。

上司が怒り出す理由など、こういったわけのわからない理由なのです。

自分が気に食わないから「メールではなく電話してこい!」と言っているだけ。単純にそういう人間は傲慢なんです。深い理由なんてありません。ただ、感情でモノを言っているだけなのです。

こっちはわざわざ電話したくないからメールで済ませているのに

結局、こっちとしては会社に電話なんてしたくないんです。

急に休まないといけないときって、「寝坊」「体調不良」「事故」「アクシデント」「ズル休み」などの事情があるわけですよね。だから、わざわざ電話せずにメールしてるんですよね。電話で会社の人と話したくないわけです。

上司はこういう繊細な気持ちに気づいてほしいものです。一方、メールは楽ですよね。声を出す必要も相手の声を聞く必要もない。

電話をあえて使う意味はまったく無い

そもそも電話って面倒くさいし、気を使いますよね。朝イチで会社の人に電話するのって結構勇気がいりますよ。これがつらい。

せっかくメールやLINEといった便利な手段があるのに、なんでわざわざ申し訳無さそうに電話しないといけないんでしょうか。

メールやLINEなら「山田です。本日、体調不良につき、お休みをいただきます。よろしくお願い申し上げます」で終わりです。気まずさはゼロです。

結果は一緒なんですよ。電話だろうが、メールだろうが、やっていることは本質的には全く同じです。

それなら気を使わなくて済むメール・LINEでいいじゃん。何が駄目なんでしょうね。

メールだと誠意が見えない? それなら一生電話を使ってればいい

古くさい考えの上司
古くさい考えの上司

電話しないと誠実さが伝わらないでしょ。急に休むんだから、申し訳なさそうにしないと失礼だよ。メールで一方的に休みます、っていうのは礼儀に欠けるよ。

こういうタイプの上司は「休みの連絡がメールだと誠意が見えないし、不真面目に見える」ということをよく言います。

では「あなたは普段からメールを使わないんですか?」と言いたい。だってそういうことですよね。メールでは誠意が見えないというのならば、一生、あなたは電話を使い続ければいいし、なんなら、手紙でも書いてれば良いんですよ。そのほうが手書きの温かみもあるし、きっと誠意が伝わりますよ。

これは「へ理屈」にも思えますが、上司が言っていることもただの「へ理屈」なんですよね。自分が気に食わないから文句を言っているだけ。器が小さいんですよ。

時代が進めばマナーも変わる

結局、そういうタイプの上司は考え方が古いだけ。

自分が時代に取り残されていることにさえ、気づいていないんです。時代が進めばマナーが変わるのは当たり前。

メールやLINEが普及している時代なのだから、電話じゃないといけないというのはお門違いです。それなら、伝書バトでも使ってろよ。

新しい技術が生まれているのだから、それらにどんどん順応していくほうが生産性も上がります。

しょうもないルールで社員を縛るのって、息苦しいじゃないですか。みんながLINE一本で気楽に休めるほうが、会社全体の満足度の総量は上がると思います。

なんなら、今はメールを廃止している企業まで出てきていますよね。「Slack」などのビジネスチャットアプリのほうが圧倒的に効率的ですからね。

もはやメールでの連絡さえ古い時代が来ています。

休むときの連絡は電話しか認めないという会社はブラック

有給休暇くらい気軽にメールやLINEで取得したっていいじゃないですか。そのほうが社員の働きやすさも上がりますよね。

繰り返しになりますが「休みの連絡は電話しか認めない」という会社は、どう考えてもブラックです。そんな無意味なルールで縛っていては社員の満足度は高まりません。パフォーマンスもモチベーションも下がります。

くだらないルールを振りかざす会社からは、さっさと距離を取りましょう。そんなしょうもない会社で大切な時間を浪費している場合ではありません。

人生は有限です。自分が満足できる会社でのびのびと働いた方が有意義だと思いませんか?

そんな会社で働いているようなら、すぐに転職に踏み切ることをおすすめします。

どうせ自分には転職なんて出来ないよ…と思ったら読んでください

ただ、転職をしようと思っても、最初は分からないことだらけですよね。職務経歴書の書き方・面接対策・企業の探し方・応募の仕方など、初心者にとって転職活動のハードルは意外と高い。

そんなときこそ、転職エージェントを利用してください。この方法が一番リスクを抑えられます。

ノウハウを持った転職のプロに、あなたにマッチする会社を探してもらうのです。さらに、利用料は完全無料。

デメリットもあるけれど

確かに転職エージェントは、担当者によって相性が合わなかったり、定期的な電話連絡など面倒くさいところもあります。なので万人におすすめできるサービスではないとは思っています。

でも、それ以上にメリットが大きいんですよね。

キャリアカウンセリングから求人紹介まで、すべてサポートしてくれますし、わからないことは何でも相談に乗ってくれます。こうしたサービスが無料で受けられるというメリットがかなり大きいと思いませんか?

やっぱりメリットが大きい

転職エージェントに登録すると、まずは担当者とカウンセリングをすることになります。労働条件や年収など、あなたの希望をしっかりとリサーチしてくれるんですよ。

企業との仲介・交渉もすべて行ってくれるため、年収や勤務条件など、待遇面でのキャリアアップも大いに望めます。

転職初心者を悩ませる職務経歴書の作成や面接対策も、エージェントがみっちりと相談に乗ってくれるので、不安の大部分を解消できるというポイントもあります。

さらに、土日や夜間でも対応してくれるので、働きながらでも無理なく転職活動を進められます。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、ばっちりサポートしてもらえます。優秀なエージェントが担当になってくれればこっちのものです。後は内定まで最短距離で突き進むだけ。

どうですか? 意外と転職ってなんとかなりそうだと思いませんか?

業界最大手のマイナビとDODA

20代の若い社会人には、業界最大手のマイナビとDODAをおすすめしています。

複数のエージェントを利用することで、より効率よく転職を進めることが出来るので、最低でも2社はエージェントを利用すると良いですよ。

特にマイナビ唯一の20代専門サービス『マイナビジョブ20’s』は20代の転職をいちからフルサポートしてくれるので、非常に便利。

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’s
DODA
DODA

利用料は最後まで完全無料なので、まずはカウンセリングだけでも受けてみると良いですよ。プロに相談することで頭の中のもやもやがクリアになりますからね。

さらに転職するなら絶対に20代が良い理由という記事にも書きましたが、20代の若者ほど良い条件で転職ができますよ。年収の大幅増加が望めます。

エージェントを使うメリット

手厚いサポート

転職エージェントのサポート
  • 職務経歴書の書き方指導・添削
  • 面接対策
  • 面接のフィードバック
  • 企業との条件調整・日程調整
  • 希望企業への推薦
  • キャリアカウンセリング
  • 適性診断
  • 非公開求人の紹介
  • 内定後の入社交渉代行 など 

カウンセリングでは、エージェントの”経験”と適性診断を用いた”客観的な分析”をもとに、ユーザーの隠れた強みや適性を引き出してくれます。その結果として、希望や強みにマッチした最適な求人にたどり着くことが可能になるのです。

エージェントというフィルターを通すことで、ユーザーがミスマッチを起こす確率、ハズレを引く確率が大幅に低くなるのです。

さらに求人応募後の日程調整など、企業とのやり取りもすべてエージェントが行ってくれます。また、面接に向けた追加の求人情報はもちろん、個別の面接対策も実施し、万全な状態で面接にチャレンジすることが可能。

もしも面接に通過できなかった場合は、その理由を採用担当者に確認してくれるので、そのフィードバックをもとに次の選考に活かせるようになりますよ。

人事部との強力なネットワーク

転職エージェントは企業の人事部とのネットワークを持っています。

企業の求めている人物像や合否の理由を求職者に伝えてくれますので、ユーザーが1人で転職活動を行っているだけでは絶対に手に入らない情報を活用することができますよ。

このネットワークが非常に強力で、転職初心者ほどエージェントを使うべき最大の理由なのです。さらにエージェントが抱えている求人案件は、通常の転職サイトでは掲載されていない非公開求人がほとんどです。(そうでなければ転職サイトとの違いがなくなってしまいますからね)

つまり、転職サイトに登録してコツコツと求人を探すスタイルに比べて、隠れた良い求人にありつける可能性が高いということ。

これもまたエージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

利用方法

転職エージェントを利用する方法は簡単です。まず、下記の公式サイトの入力フォームに、必要条件を入力するだけでOK。5分もあれば入力できます。

あとは、エージェントからメールか電話で連絡が届きますので、指示に従って最初のキャリアカウンセリングに進むだけでOK。

転職に踏み出す勇気がない場合は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめしています。決断はその後でも構いません。

大切なことはまずプロに悩みを相談してみることです。まずはそれだけで良いんです。

古い考え方に付き合う必要はない

繰り返しになりますが、まだ転職していない人は今すぐ登録して行動を始めたほうが良いですよ。結局、転職市場では若い人ほど有利に扱われます。

休むときの連絡は電話しかダメ! ってわたしから見ても、相当おかしいですよ。はっきり言って異常です。

幸いにも今は好景気。転職するなら絶対に20代が良い理由【将来のことを考えよう】という記事にも書きましたが転職すれば4人に1人が年収が上がる時代です。

人生で一番若いこの瞬間を無駄にしないでくださいね。現実問題として、転職には年齢の問題がありますから、行動を後回しにすればするほど成功率は下がっていきます。

行動した人だけがよりよい会社に転職して、幸せな生活を手に入れることができるのです。

登録は5分でできますから、まずは登録してエージェントの話を聞いてみてください。それだけで人生は大きく変わっていきます。