コンビニのコーヒーで150万円も損している理由。ラテマネーの習慣を見直すだけで一気にお金が貯まる

ラテマネー お金

お金が貯まらないなあ。あなたもお金のことで悩んでいませんか?

そこで今回は、ギャンブルでも宝くじでも投資でもなく確実にお金が貯まる方法をご紹介します。

それが無駄な「ラテマネー」を減らすことです。

ラテマネーとは、コーヒーショップでついつい買ってしまうカフェラテやコーヒー代のことです。これが意外とあなどれない出費になるのですが、あまり意識したことのない人が多いのではないでしょうか?

身近な例で言うと、毎朝コンビニでついつい買ってしまう「コーヒー」がわかりやすいでしょう。

会社に出勤すると同時にコンビニに行って、100円のコーヒーを注文。そして自分のデスクに向かい、ゆっくりと朝のコーヒータイムを過。そして始業を迎える。

わたしも経験がありますし、毎朝コンビニでコーヒーを買う人ってかなり多いですよね?

非常に優雅な朝の風景ではありますが、コンビニのコーヒーも毎日続くと相当な出費になってしまいます。コンビニのコーヒーは典型的な「ラテマネー」なのですよ。

コーヒーをコンビニで買うのではなく、家で作って持ってくればいいんだよな。

毎朝コーヒーを飲むと40年で140万円の出費になる

例えば、100円のコンビニコーヒーを毎朝飲んでいる場合、1ヶ月で3000円の出費になります。

1年間では36,000円という大金に! 温泉旅行に行けるくらいの金額になりますね。

さらにこの習慣を40年続けると140万円にも達します。40年間、毎朝コンビニコーヒーを飲むだけでこれほどの金額を消費しているとは驚きですよ。

想像してみてください。140万円ってかなり大きいですよ。140万円が手元にあったら、あなたは何をしますか? いろんなことにチャレンジ出来ますよね。

コーヒショップはさらに高い

スタバやドトールなどコーヒーショップで毎朝飲み物を買っている場合はさらに高額になります。

コーヒーショップだと、だいたいsサイズで300円くらいですから、1ヶ月で9千円、1年間では10万8千円。

コーヒー代だけで40年間で420万円にもなってしまいます。これってすごい金額でしょ。

通勤経路やオフィスビルの中にあるコーヒーショップでついついコーヒーを買ってしまう人は多いと思いますが、その出費が積み重なると想像以上の金額に達することがわかりますね。

香り高いコーヒーを始業前に飲むのが最高。という気持ちはよくわかりますが、長い目でみると、ラテマネーは控えめにしておくほうが良いのです。

コーヒーを買わないだけで660万円が手に入る

このように、毎日少しの節約を心がけるだけで、わたしたちは大金を手にすることが可能です。言い換えるなら、コーヒーをやめることで数百万円を稼ぐことができるということ。

何も難しい投資や貯金をしなくても、誰でも簡単にお金を手に入れるチャンスがあると言っても良い。ただ、毎朝の習慣を改めるだけ。こんなにシンプルで強力な稼ぎ方は他にはありません。

さらにここで浮いた420万円を投資に回してみればどうでしょうか?

300円分のコーヒー代を節約して、毎月9000円の投資を40年間・2%の利回りで運用するだけで、合計420万円が660万円にも膨れ上がるのです。

これって結構すごいことですよね。コーヒー代を我慢するだけでも420万円儲かるし、さらに投資に回せば660万円にもなる。

しかも、つみたてNISAやウェルスナビといったサービスを使えば、利回り2%は十分実現可能な数値です。

まずは節約をすることで、誰でもまとまった金額を手に入れることが出来るというわけ。難しいことは何もしなくていいんです。

節約は投資と違って100%無駄になりません。節約すればするだけ、まるまる自分の手元にはお金が残ります。

「コーヒーうめえwww」と目先の欲望を優先するか、グッとこらえて長期的な資産づくりを優先するか。ぜひ考えていただきたい。

ラテマネーはコーヒーだけじゃない

ラテマネーは何もコーヒーに限った話ではない。

大した恩恵を受けないにもかかわらず、習慣的に無意識に支出している品物はすべてラテマネーです。

「これくらいならいいや」「いつも買ってるし今日も買っちゃおう」というように、日常の中に数百円くらいの出費がありませんか?

例えば週刊誌や月刊誌などの雑誌もそうです。あまり読みもしないのについつい買ってしまう。雑誌の代金も積み重なれば相当なものです。

コンビニのお菓子もそうですよ。スナックやチョコレート、栄養食品、ゼリー、スイーツの新作など、美味しそうですから気軽に手を出してしまいますが、コンビニで買うお菓子はたいへんな金食い虫です。

コンビニはラテマネーの温床。中に入ってしまうと、不要な食べ物をつい買ってしまうので用がないときは絶対に近づいてはいけません。

「おれはコンビニのお菓子を食べて生きていく!」というくらいの強い覚悟があるならもはや止めはしませんが、ほとんどの人はただ欲望に負けているだけですよね。

ただ口が寂しいから、小腹が空いたから、というその場の感情に揺り動かされて買ってしまうケースがほとんどのはず。意思を強く持てばラテマネーはすぐに減らせます。

参考:あなたはお金が貯まる体質?「ラテマネー無意識度」テスト10問

無駄にラテマネーを使ってしまう人間は、童話のキリギリスと同じ。キリギリスは目先の欲を優先させてしまったので、冬になると凍えてしまうのです。

賢い人間は堅実なアリを目指しましょう。

「ま、100円くらいいっか」と毎朝コンビニコーヒーを買う人間は、莫大なチャンスを失っているのだ。

貧乏から抜け出すためにみんなやっている簡単な習慣という記事には、その他のノウハウをまとめています。

ラテマネーを使ってしまうのは、自分の欲望をコントロールできていない証拠だよね。コツコツと節約することがお金持ちへの第1歩なのだ。