転職の限界35歳神話も崩壊しつつある?【若手の転職では特に年収増加が目立つ】

情報を集めよう キャリア

転職者の年齢が低いほど、賃金増の割合は高まっており、20~24歳で48.6%(前年は41.1%)、25~29歳で46.6%(同45.4%)となっている。

これまでは、転職による賃金増が期待できるのは30代前半までとされたが、調査によると、転職者の年代別の賃金増の割合は、35~39歳で39.5%、40~44歳で41.4%、45~49歳でも38.9%を占める。

現代では、転職の限界とされる35歳を超えてなお、好待遇で転職する人が増えているとみられる。
出典:https://www.j-cast.com/kaisha/2019/08/26365609.html

厚生労働省の「雇用動向調査」が2019年8月21日に発表され、転職して年収が上がった人の割合が37.0%になったことがわかりました。

この数値は、前年度から0.6%上昇しています。

近年の好景気による転職市場の活性化の影響がはっきりと出ていますね。

好景気はさらに継続すると見られているので、現代はまさに「転職時代」と言えるでしょう。

結局、仕事などお金を得るための手段に過ぎません。

それなら、ストレスや不満を抱えたまま働き続けるよりも、自分にマッチした仕事のほうが良いに決まっています。

一度切りの人生ですから、他人の目など気にせず、自分のより良い人生をプロデュースしていきたいものです。

大切なのは自分自身の正直な声ですよね。

自分がどうしたいか、どのよう生きたいか。それがわたしたち自身の正直な声。

転職をするにしても1つの会社で働き続けるにしても、自分が納得できる道を探しましょ。

昔は転職は35歳までと言われていたけど、その神話も崩れつつあるのかもね。

でも、まだまだ20代のほうが年収は増加しやすい状況には変わりないね。

今転職しないことは大きな損失

転職を考えるサラリーマン

あなたはどうですか?

今の会社に満足していますか?

毎日仕事に行きたくないなあ、上司の顔を見たくないなあ、仕事がつまらないなあ、給料が安いなあ、というように不満を持っていませんか?

嫌いな会社で長く働き続けても、環境が大きく変わることはありません。

嫌いな上司はのさばり続けるし、無駄なルールや会議も決して減ることはありません。人間の性格が簡単に変わらないように会社の体質も簡単に変わることはありません。

ブラック企業はどこまで行ってもブラック企業なのです。だからこそ、ブラック企業は世の中から全然減らないのです。

人生を大きく変えるためには、まず環境を変えること。

それが一番大切です。

条件の良い会社に転職しやすい時代なのに、何も考えずに今の会社にすがりつくことほどもったいないことはありません。

こんなに転職しやすい時代なのに、何も行動を起こさないのは情報弱者以外の何者でもないよね。

行動の先延ばしはリスクを招く

ブラックな労働環境

「転職はまだ先でいいや」

そうやって行動を先伸ばしにしたい気持ちもよくわかりますが、それはやめたほうがいいですよ。

今の会社で働き続けた結果、例えば体調を崩してしまったらどうでしょうか。

嫌いな上司のもとでボロボロになるまで働き続けてメンタルを壊してしまうと大変です。

うつ病・不安障害など、精神疾患になってしまうと、復帰までには数年程度を要するケースが多いんですよ。

そうなると転職どころか、仕事を続けることさえ難しくなってしまいます。

治療費もかかる

お金に悩むサラリーマン

仕事のせいで体調を崩して通院するとなると治療費もかかります。

休職してしまうとお給料は少なくなりますし、職歴にも傷がつきますよね。

そんな状態での転職はなかなかうまくいきません。

「わたしなら今の会社で頑張れるから、転職はまだ大丈夫」

そんなふうに考えていた人がメンタルを病んでしまうというケースも多いんですよ。そうなると、転職にチャレンジする気力さえなくなってしまいます。

休職経験のある人、健康リスクのある人。転職市場では、そういった人材は残念ながら敬遠されてしまいます。

だからこそまだ元気なうちに、転職活動のスタートを切っておくことが肝心なのです。

若いうちなら経験がなくても大丈夫

転職に成功したサラリーマン

今は20代の人でもどんどん転職する時代です。

わたしにはまだ「実績」「スキル」「経験」が無いから、転職はまだ早い。

そういう考えの人も多いですが、これは大きな間違いです。

経験や実績がない人ほど、早めに条件の良い会社に転職すべきなのです。

なぜかというと、若手社会人の転職については、企業が「ポテンシャル」を見込んで採用してくれるから。

「今現在は大した実力はなさそうだけど、しっかり育てれば将来的には活躍してくれそうだから採用しておこう」というように将来の潜在能力を見込んで採用してくれるのが「若手社会人の転職の特権」です。

実績や資格がなくても、若手社会人がどんどん転職できるのは、この「ポテンシャル採用」のおかげなのです。

経験や資格がなくても若さでカバーしてもらえば良い、という考え方が日本には根付いています。終身雇用が前提の日本社会では、転職市場の最大の武器は「若さ」と言えるでしょう。

だから20代の早いうちから、転職を考えることが大切になってきます。

これが30代、40代になってくるとそうはいきません。

中堅以上の年齢になってくると、企業も即戦力を持った経験者を採用します。何の経験もない30代の人は採用したくないですよね。

転職するなら絶対に20代が良い理由【将来のことを考えよう】という記事にも書きましたが、20代という若さは「転職市場のプラチナチケット」なのです。これを無駄にするか、有効に活用するかで、一生涯の年収、人生の質が大きく変わってきますよ。

↓実際に50%近い若手社会人が転職を検討していることが、調査により判明しています。

今の会社に残っても、状況は悪くなるだけ

責任転嫁する上司

もし今の会社に不満があるなら、5年後、10年後を想像してみると良いでしょう。

きっと、5年後も10年後も、あなたは会社に苦しんでいると思いますよ。

やりたくない仕事、うるさくて怖い上司、無駄な会議、よくわからないローカルルール。

会議の資料印刷、面倒くさい経理、うっとうしい飲み会、上がらない給料、終わらない残業。

今の会社で働き続けるということは、そういった不満をずっと受け入れ続けるということです。

嫌いな上司の顔を伺いながら、ビクビクして過ごす将来の自分の姿を想像してみてください。

繰り返しますが、人間の性格が変わらないように会社の風土も簡単には変わりません。

今の会社で働き続けること、もしくは転職して条件の良い会社に転職する。

5年後のあなたはどちらが幸せだと思いますか?

少なくとも最悪な環境に無理して身を置くよりも、転職したほうが素晴らしい未来を生きているだろうと思いますよ。

転職は「損切りの速さ」が全て【もっと気軽に、もっと手軽に】という記事にも書きましたが無理をして働き続けても状況は良くなりませんからね。悪くなることはあっても良くなることは決してありません。

それがひとつの会社に定年まで勤め上げるというリスクです。

でも、転職は違います。

より良い環境を求めて、柔軟に自分の働き方を修正するのが転職を前提とした生き方です。

現在では多くの日本人が転職することのメリットに気づき始めています。

気に入らない会社で働き続けることがどれだけ非効率なことであるか、やっと日本人も理解したのです。

転職の不安はプロに丸投げしておけば問題ない

将来を考える大学生

★若いうちの転職はプラチナチケットであること。

★ブラック企業でボロボロになるリスクを考えると、転職は今すぐスタートすべきであること。

★今の会社で働き続けても、将来的に状況は良くならないこと。

これらについては、理解していただけたと思います。

想像してみてください。

あなたはどんな会社に転職したいですか?

★ボーナスが増えたら、何を買いますか?
★定時上がりをして、何をしますか?
★有給休暇がどんどん使えるとしたら、何をして遊びますか?
★年収が増えたら、何に使いますか?

そんなこといっても、転職なんてうまくいくはずないよ・・・。

その不安な気持ちはわかります。

でもだいじょうぶ、安心してください。

面接の受け答えも、職務経歴書も、裏事情を知りつくしたプロが、あなただけのためにオーダーメイドの個別対策をしてくれる転職サービスがあるとしたら?

条件の良い会社に転職するのは決して夢じゃないんです。

どうやって転職するのが効率がいい?

転職エージェントを味方に付けよう

転職する方法はいくつかありますが、一番効率が良いのはプロと一緒に転職を進める「転職エージェント」を利用することです。

そもそも転職未経験者は、何から始めたら良いのかわかりません。だからこそ転職初心者はエージェントを利用すべきなのです。転職について無料でフルサポートしてもらえますからね。

ただ「転職エージェントって、いろいろと手間がかかるんでしょ?」と思った方もいると思いますが、それは間違いありません。

転職エージェントは手間がかかる?

転職エージェントを利用すると、ひとりで転職活動をする場合に比べると、少し手間が増えます。こまめな連絡、定期的な相談、エージェントとの面接練習などに取り組む必要が出てきますからね。

こういった事情もあり、普通に転職サイトを回ってあなた1人で転職を進めていく場合よりも、少し時間がかかるケースが多いです。

なので最初に言っておきますが、マイペースに自分1人で転職をしたい人は転職エージェントは使わないでくださいね。

今は好景気が続いておりかなり労働者側が有利です。そんな売り手市場ではありますが、残念ながら誰でも簡単に理想の転職ができるわけではありません。残念ながら自分本位に何も考えずに突っ走る人は転職で失敗する傾向にあります。

でもエージェントのアドバイスを素直に聞ける人、なおかつ本気で人生を変える覚悟のある人なら、希望する求人の内定を勝ち取ることは十分可能です。

初めての転職はたくさんの不安があると思いますので、実戦経験が豊富なプロにあなたにマッチした会社を紹介してもらうのが確実です。しかも利用料は無料。

あなたの要望をカウンセリングして、エージェントが転職活動をサポートしてくれるので、失敗する確率を大幅に減らすことができます。

また、エージェントはブラック企業を除外してピックアップしてくれますから、ハズレを引く確率も少なくなります。

そうは言ってもいきなり転職に踏み切るのはハードルが高いですから、とりあえず無料登録してカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

最初はエージェントに悩みを聞いてもらって自分の市場価値やキャリアについて考えてみるだけでも良いのです。

転職するかどうかは、その後に決めても構いません。

エージェント利用の流れはつぎのとおり。

①まずはエージェントと会う・電話するなどして、あなたのキャリアプランや現状について、カウンセリングをしてくれます。相談するだけでもOKです。②その後、興味のある業界・希望する年収などを具体的に話し合います。その後、エージェントが企業に面接のオファーを取り付けてくれます。

③面接の対策や、職務経歴書の添削など、サポートもバッチリしてくれます。

④企業との面接終了後には内容のフィードバックもしてもらえるので、良かったこと・悪かったことも分かります。

⑤そして、内定までしっかりと二人三脚で導いてくれます。

このように、転職エージェントは無料で利用できる割にサービスが非常にきめ細かいです。

しかも相談するだけでもOK。ぜひ利用してみてくださいね。

●職務経歴書の書き方指導・添削
●面接対策
●面接のフィードバック
●企業との条件調整
●希望企業への推薦
●キャリアカウンセリング
●非公開求人の紹介 など

↑転職エージェントを使えば、無料でこれだけの対策を実施してくれます。

逆に考えると転職をする場合は、これらをすべてあなた1人で行う必要があるということです。働きながら1人で転職をするのが、いかに大変なことであるかよくわかりますね。

転職自体は決して簡単なものではありませんが、転職エージェントを利用することで成功率は一気に高くなるのです。

将来のことや働き方のことで迷っているのなら、転職エージェントに登録して話だけでもしてみてください。

20代にはこちらがおすすめ

非公開求人を活用しよう

転職エージェントはいくつかのサービスがありますが、エージェントの質が高い『マイナビ』と『DODA』をおすすめしています。

マイナビジョブ20'sに登録する

転職ならDODA【公式サイト】

転職エージェントに登録して、キャリアの相談するだけでもOKです。

「転職するかどうか迷っている」「自分のキャリアプランを考えたい」「自分の実力ならどんな会社に転職できるか知りたい」

そういったカウンセリングだけの利用でも全く問題ありません。まずは気軽に登録してみましょう。

それぞれ転職業界の最大手ですから、転職初心者の方でもとっつきやすくて安心感のあるブランドです。

それぞれ非公開求人が大多数を占めているのも嬉しいところですね。

エージェントサービスは、最低でも2社は登録しておくべきですね。

1社だけだと提供される情報が限られるので、より良い判断ができません。

3社以上登録しても、無駄が多くなりますし、スケジュール管理も大変になってきます。

上記の公式サイトから希望する業界などを入力するだけで、エージェントから連絡が届きますので、まずは登録だけでもしておくとよいでしょう。

少し時間がかかってもいいので、プロと一緒に転職を効率よく進めたい、理想の会社に転職したい、そういう人だけ転職エージェントを使ってくださいね。

公式サイトの入力は、必要事項を埋めるだけ。5分もあれば完了します。

このチャンスを無駄にしてはいけない

不景気になると転職市場は盛り下がってしまいます。

このチャンスを活かすか無駄にするかは、あなた次第。

もしあなたが、今の会社に不満を持っている・新しい環境を探しているのならぜひ転職にチャレンジしてみてください。

転職で大きく収入UPすると同時に、環境を変える絶好のチャンスですよ。

次にいつ好景気が来るか分からないからね。今のうちに転職しておこう。