今の会社から転職するべきか悩んだら【逃げるのは恥ずかしいこと?】

転職を考えるサラリーマン キャリア

転職を考えるサラリーマン

転職しようかなと思ったのに、その気持ちに水を差された経験はありませんか?

例えば、こんなことを言う上司はいませんか?

「お前は甘えている。そんなんじゃ転職したってどこの会社でもやっていけない!」

わたしも転職経験者ですので、よくわかりますがこの言葉はウソです。もし職場でこういった暴言を浴びせられている人がいても安心してくださいね。完全にウソですから。上司が世間知らずなだけです。

ブラック企業の上司ほど、こういった精神論をぶつけてきますが全く気にしなくていいです。

だって、あなたに適した職場や仕事は、世の中に必ず存在しているのですから。

たとえ最初に入社したその会社で使い物にならなくても、それはあなたのせいではありません。100%、会社が悪いです。

ブラック企業で働き続けるメリットは無い

ブラックな労働環境で体調を崩す社畜

新卒で入った会社がどうにも自分に合わない。新卒で入った会社がブラック企業だった。若い社会人によくあるケースです。

労働条件や職場環境が良くないので、はやく転職しようと思ってはいるけれど、転職なんて本当にできるのかな、自分にはまだ早いかなあ。

もう少し働いたほうが、転職面接のときに心証が良いかなあ。せめて3年は働いてから転職しようかなあ。

そんなふうにアレコレ悩んでいる間に、長い時間が経過してしまったという人も多いのではないでしょうか。

はっきり断言しますが、そのままブラック企業で働き続けたとしても、ひとつもメリットになりません。

身体を壊す可能性がある

将来を考えるサラリーマン

とりあえず3年間働いてから転職しようと考えている方も多いと思いますが、その考え方は非常に危険です。ブラック企業で過ごす3年間は、あまりにもリスクが高すぎます。

上司からのパワハラ、過酷な労働環境、積み重なるサービス残業、異常な労働時間など、要因はいくつも考えられますが、ブラック企業で働くうちに身体を壊してしまったらどうしますか?

長時間に及ぶデスクワークによる慢性的な腰痛、業務のプレッシャーから自律神経失調、運動不足による筋肉の衰え、などブラック企業の労働環境はわたしたちの体に強烈な悪影響を与えます。

ブラック企業に所属している状況で身体を壊してしまうと生活の質は、一気に低下してしまいます。

医療費もかかりますし、なにより長引く疾患をわずらってしまうと、転職活動へのモチベーションも下がってしまいますよね。

メンタルを壊すと、転職どころではなくなってしまう現実

さらに気をつけないといけないのが、精神面の健康、すなわちメンタルヘルスです。

職場の人間関係や上司からの叱責、パワハラ・セクハラ、仕事のプレッシャー等によって、心を病んでしまった若手社会人をわたしは何人も知っています。

うつ病、適応障害、気分障害など、社会人が気をつけないといけない精神疾患はいくつもあります。

こうした病気の怖いところは、「わたしは大丈夫だよ」と考えている人でも罹患する可能性があるということです。

相性の悪い上司が異動してきた、激しい気性の顧客の担当になってしまった、ノルマが達成できなくなった、ミスをひどく叱られた、労働時間が長すぎて仕事に行く気力が無くなった、など、どんなささいなことでも発症の原因になるのです。

うつ病などの精神疾患は仕事と密接に関連しており、こうした病気が原因で退職に追い込まれる方が非常に多いのです。

メンタルを守るためにも、ブラック企業を避けるべきなのは明らかなのです。心を病んでしまうと、転職活動のモチベーションも大きく削がれてしまうので、逃げ道が無いという悲惨な状況にもなりかねません。

ブラック企業に就職した結果、まだ若いのに心身を病んで退職してしまうケースは珍しくありません。

そのまま無職期間やフリーターが続き、キャリアが断絶した結果、中高年になっても非正規社員で働いているというケースは非常に多いのです。

とりわけ小売業といったサービス業は、何らかの原因で退職してしまうと、その後もズルズルと非正規雇用の身分が続くケースが多いです。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の2015年の調査でも次のような結果が出ています。

男性について言うならば、壮年非正規雇用労働者には、20 代前半に販売職、サービス職(資格不要)に就いていた者、飲食サービス業に従事していた者が多い。女性についても、壮年非正規雇用労働者には、20 代前半に販売職に就いていた者が多い。
https://www.jil.go.jp/institute/reports/2015/documents/0180.pdf

いつか転職しようと思うのでなく、自分自身の将来を守るためにも今すぐ転職を始めるべきなのです。

ブラック企業で働き続けると、収入面で将来のリスクになる

お金に悩むサラリーマン

ブラック企業は、だいたいお給料も安いことが多いですよね。安い給料で働いているうちは、とにかく貯金ができません。

貯金が少なければ、日々の生活が不安になるのは言うまでもないことです。趣味もない、お金もない、出会いもない・・・、低賃金労働のせいで、そんな若者がたくさん生まれています。

蓄えがないと結婚も子育ても難しくなります。両親が高齢になったとき、介護の問題も出てきます。親の介護は、独身の人間にも必ずぶつかる問題です。

親が急に認知症になってしまったり、寝たきりになってしまったりと、介護は高齢化が進む日本では避けて通れない問題です。こういった問題は、もはや誰も避けることは出来ないのです。

ブラック企業で働きながら、介護ができるでしょうか。貯金のない状態で介護離職する覚悟はありますか? ブラックな労働環境に人生を預けるということは、介護破産、老後破産といったリスクの原因にもなるのです。

待遇の良くない企業で働き続けるということは、将来の重大なリスクを潜在的に抱えるということです。ブラック企業は、あなたの将来までは保証してくれません。

ブラック企業で働くということは、他の人と比べて明らかに損をしている状態、将来的なリスクが高い状態にあるということなのです。

不本意な職場での毎日は、貴重な若い時間を無駄にする

キャリアを考えるサラリーマン

胸に手を当てて考えてほしいのですが、若い時間を嫌いな会社に所属することで無駄に過ごしてよいのでしょうか。異常な労働環境に置かれたまま、ジリジリと消耗し続けても良いことはひとつもありません。

基本的に若い人間ほど、転職市場では有利にモノゴトが進んでいきます。若さは、幅広い業種にチャレンジできるという絶対的な権利なのです。

例えば、24歳と34歳とでは、転職の難易度も大きく変わってきますよね。

若さという武器を活かせば転職を有利に進められますが、無駄にした時間は帰ってきません。その分、転職の際に不利になるだけです。

長く働けば職歴にはなるので全部が全部無駄になるわけではありませんが、嫌いな職場で何か他人には無い特別なスキルを身につけられますか?

ブラック企業で消耗し続けるよりも、思い切って転職しよう

あなたには若さがありますよね。特にスキルもない文系人間が転職市場で勝負するためには、若さは非常に大きな武器になります。

そう考えると、いつまでもブラック企業で消耗している場合ではないのです。今すぐに転職活動を始めたほうが、長期的に見て得になるのです。

年を取ると、簡単に転職できなくなりますからね。そういう意味では20代というのはまさに労働市場におけるゴールデンタイム。こんなに有利な状況を利用しない手はありません。

くだらない上司の言うことは無視すればよい

仕事を考えるサラリーマン

ブラック企業の上司は「お前みたいな人間はどこへ行ってもやっていけないよ」と言いますが、ちゃんちゃらおかしな話です。そんなやつの言うことは、ほおっておけばいい。

部下のマネジメントさえできていない上司からの脅迫にビビってはいけませんよ。そもそも、あなたが輝けないのは、その会社や上司が悪いのです。

「この会社、クソだな。転職しようかな」と思ったのなら、その直感を大切にしたほうが良い。

わたし自身、1社目の会社では全然使い物にならずポンコツでしたが、転職した結果、一気に働きやすくなりましたからね。(わたしの場合、営業職から事務職へ転職しました)

実際、エン・ジャパンによる調査では、転職経験者のうち4人中3人は、転職結果に期待通りかそれ以上に満足しているという結果も出ています。
※「入社後のギャップと満足度」実態調査2018

世の中は想像以上に広いので、あなたに適した職場は必ず存在します。

今の時代、転職することはごく普通ですし、1社目から逃げ出したとしても、なにも恥ずかしいことはないのです。ですから世間知らずの上司の言うことは無視しても問題ない。

働きやすい環境を選ぶのは、労働者の権利です。

まずは、これをしっかり心に刻み込んでください。ブラック企業はさっさと捨てて、自分にとって都合の良い環境で働きましょう。

面倒な転職活動を効率よく進めるには、転職エージェントが欠かせない

転職にチャレンジするサラリーマン

ただ、ブラック企業で働きながら転職を進めるのは、なかなか難しいものです。

情報を集めて、エントリーして、職務経歴書を書き、面接に挑む。

想像しただけで面倒くさいですよね。そもそも、なにひとつ取り柄がない自分が転職なんて出来るのか・・・。

面接では何を話すべきで、何を話すべきではないのか、職務経歴書には何を書けば良いのか、さっぱりわからない人がほとんどだと思います。

はっきり言って、働きながらの転職活動は面倒な作業の連続

ただし、それはあなた一人で転職活動にチャレンジする場合のハナシです。そんなときこそ、転職のプロを味方につけましょう。

転職活動を無理なく効率よく進めたいという人におすすめなのが、転職エージェントというサービスです。

ひとりで情報収集なんて出来る自信ないよ。そもそも職務経歴書って、どうやって書けばいいの?

転職エージェントなら損をすることもないし、面倒な作業もサポートしてもらえる

転職を成功させたサラリーマン

当サイトでは、一貫して転職エージェントをおすすめしています。

確かに転職エージェントは、担当者と相性が悪かったり、定期的に電話連絡したり、面談をしたりと、手間がかかるのも事実です。1人でコツコツと転職したいという人にはおすすめしません。

しかし、転職のプロのフルサポートが得られるというメリットはやっぱり大きいんですよね。これを使わずに転職するのは、はっきり言ってもったいないし、損をする可能性が高い。

下の図を見てください。これらが転職エージェントのサポート内容です。

・キャリアカウンセリングによる適性の相談
・将来のキャリアの相談
・業界研究
・職務経歴書の添削
・面接日の調整・設定
・面接対策、面接後のフィードバック
・給与や労働条件の交渉

転職エージェントのサポート内容は幅広く、非常に効果が高い。しかも完全無料なんですよ。

プロ目線で自分の市場価値を判断してもらうこともできますし、業界の動向を教えてもらうこともできます。さらにエージェントは非公開求人をたくさん抱えているため、転職をするにあたって情報戦で負けることがなくなります。

エージェントとの面談のなかで自分では気づかなかった、強みや弱みを客観的に把握できるのもメリットですよね。

土日や夜間でも対応してくれるので、現職が忙しい20代の方でも大丈夫です。

当サイトがおすすめしているのは、業界最大手の『マイナビ』と『DODA』です。抱えている求人数が圧倒的ですし、実績のあるサービスで利用者も多くて安心です。

下記の公式サイトに必要な情報を入力すれば、追ってエージェントからメール等で連絡が届きます。あとは案内にしたがって、面談に進めばOK。

マイナビジョブ20'sに登録する
転職ならDODA

なお、最初の面談のときには希望する業界や希望する職種を伝えましょう。「今よりも条件の良いホワイトな企業を探している」ということも、しっかりとエージェントに伝えてください。

面談にあたっては、転職で心配な点・不明な点などをリストアップして、エージェントにはどんどん質問してください。疑問点はきちんと解決しましょう。

転職エージェントは、登録して面談するだけでもOK

とりあえず登録しておけば、エージェントが情報を集めてくれますし、相談するだけでも心の整理になります。

もやもやした考えをきれいに整理することができるのも、キャリアカウンセリングのメリットなのです。自分自身のキャリアの棚卸しにも役立ちます。

また、エージェントが転職活動を強要することはありませんから安心です。もし特定の求人をゴリ押しされたら、本部に連絡して担当者を変更してもらってください。

エージェントには当たり外れがあるので注意

転職エージェントを利用するうえで、注意が必要な点もあります。

先ほども言いましたが、エージェントもひとりの人間ですから、あなたと相性が悪い場合もあるのです。

なんとなく話が合わない、質問に答えてくれない、態度が悪いなど、そのようなエージェントも多少は存在します。これはしょうがないので割り切って考えましょう。そういった場合は、エージェントを交代してもらうことができますので、遠慮なく運営側に申し出てください。

また、複数社のエージェントを使い分けるのも効率的です。自分の話をしっかり聞いてくれる適切なエージェントを見つけましょう。

相性のいいエージェントと巡り合えば、もうこっちのものです。どんどん希望の求人にエントリーしていきましょう。エージェントがフルサポートしてくれますから、かなり有利に進められますよ。

ブラック企業の上司に従う必要はありません

「転職なんてお前には無理」「石の上にも3年」「転職したら逃げ癖がつく」といった時代遅れの発言を繰り返す上司に惑わされてはだめです。

「今辞めたって、逃げ癖がつくだけだよ? 人間歯を食いしばって働かないといけないときがくるんだよ? 君のお父さんだって、家族のために毎日働いてるでしょ? だからさあ、もうちょっと頑張ってみたら?」

わたしが上司に転職するという旨の相談をしたとき、実際にそういったことを言われました。

しかし雇用の流動性が高まっている現代社会では、もはや転職は珍しいことではありません。あなたの学生時代の友人に、すでに転職経験者はいませんか? 別に珍しいことじゃないんです。もっと気楽に考えましょう。

SNSの発達ともに、情報の公開が進み、ブラック企業を辞めたという事例がたくさん見られるようになってきました。社会全体で、転職という行為そのものが自然なことになってきているのです。

ほんのちょっとの勇気を出せば、転職によって生活環境を一気に好転させることができるようになってきています。

貯金、結婚、介護など、将来のことを考えても、ブラック企業で働き続けるのはどう考えても損です。転職は逃げでも、甘えでもありません。立派な戦略ですし、人生設計の手段です。

転職を成功させて、くだらない上司に目にものを見せてやりましょうよ。今の転職市場なら、条件のいい会社への移籍も高い確率で可能ですよ。応援しています!