クレジットカードを使う人間は貧乏人なの?【お金のリテラシー】

クレジットカードお断り 人生

私の会社が今秋発刊した飲食店カタログ『金沢ベストグルメ』を例にとると、掲載された飲食店390店のうち、なんと、139店が「カード不可」でした。    

それら「カード不可」の店の特徴としては次のようなことが挙げられます。

・人気がある店 ・流行っている店

・比較的新しい店 ・オーナーが店に出ている店

などなど、です。

要するに、比較的若いオーナーが切り盛りする流行っている店、というイメージです。

何人かのオーナーに、カード不可にした理由をうかがいました。

「カード会社に手数料をとられたくないので」

「カード会社が発行する商品券を使われたくないので」

「売上は誰にも知られたくないので」

「少額で頻繁にクレジットカードを積極的に使うのは、いまは低所得者層でしょう。

ポイントを稼ぎたいのと、後日払いで。金ばなれのいい人たちを相手にしたいので」

などなど、でした。

・カード会社から不必要な影響を受けたくない⇒売掛で後日入金がいや、面倒を回避

・売上を推察されたり、把握されたりする材料を与えたくない⇒税金対策

・クレジットカードを積極的に使わない、金銭的に余裕のあるクラスをターゲットにしたい⇒顧客の選別

消費者が売り手の思惑通りに動かないように、売り手もクレジットカード会社に都合よく動かないようです。

これは、現在進行中の消費者市場の階層化にシフトした結果、文明の利器とも言えるカード決済システムをあえて拒否した、という興味深い構図。

クレジットカードは、いまや金持ちの消費ツールではなく、庶民の生活防衛ツールになりつつあるというわけです。

そのような認識をいち早く察知して対応したのが飲食業、というのも興味深いですね。

手数料ケチってるだけやろ

すぐに現金が手元に来ないと首が回らなくなるだけやん

まあ商売によっては5%の手数料って結構でかいししゃーない

ないな カード使うやつが離れるだけで客がふえるわけではないぞ

金沢とか外国人観光客も多いだろうに そういうとこはカードOKなんやろか

売り上げを誰にも知られたくないって脱税する気なんか

使えない店には行かないだけや

1回カードの便利さに気づくと逆に現金がめんどくさくなる

当たり前のように税金対策って書いてあるの草生える やっぱり現金主義ってクソだわ

他行くから別にええで

金沢の商店街で万札出して拒否られたことあるわ マジ態度悪い

店側がケチなだけやぞ

お前の店は高級店なのか? 高級店こそカードのイメージあるけどな

結局現金が一番店側としてウマイだけやんけ

出典:http://okanehadaiji.com/archives/10070405.html

「クレジットカードを使う客は、金銭的に余裕が無い」という人気店の主張です。

なかなか挑戦的なタイトルですけれども、みなさんはどう思いますか?

店側がクレジットカードの手数料を払いたくなくて、必死にその言い訳をしているようにしか、わたしには思えません。

飲食店がクレジットカードを導入すると、手数料として毎月5%程度を運営会社に取られるので、お店側としては、この出費が痛いわけです。

要するに、現金で払ってくれる客のほうがお店側としては嬉しいということです。

しかもすぐにお金が手に入る現金決済とは違って、クレジットカード決済の場合、店側に入金されるまでにタイムラグがあります。

この仕組みを嫌う飲食店が多いんですよ。

なので、クレジットカードを導入したくないというお店の気持ちはすごくよく分かります。

でも、これってお店側にしたら完全に機会損失なんですよね。

調査によると、クレジットカードが使えないお店には絶対に行きたくないという人が10%も存在しているのです。

あなたはそういうお店、どう思いますか?

いまどき「クレジットカードお断り」「クレジットカードは使えません」っていうお店に行きたいですか?

小銭と財布

わたしはクレジットカードが使えないお店には、行きたくないです。

都市圏なら、もはや現金を持ち歩かなくてもカード一枚あれば何でもできます。このため、わたしも最近はあまり現金を持ち歩かなくなりました。

コンビニ、牛丼屋、カフェ、百貨店、映画館、どこへ行ってもほとんどカードで対応できます。

わたしが最近感動したのは、東京ディズニーリゾートです。コインロッカーや一部のワゴン以外なら、全てクレジットカードでOK。

ディズニーは、パーク内をとにかくたくさん歩きますし、レストランもセルフタイプが多いので、カード一枚で済ませられるのは非常に楽です。

しかし、大手チェーン店などでも、まだ現金払いしかできないお店があるんですよね。そういうお店に行くと、「ああ残念だな」とよく思います。

わたしも以前は現金払いでしたが、4年前くらいからクレジットカードを使い始めました。

やっぱりカード決済は快適です。

特に小銭を数えたりする手間がないのが大きい。

小銭をジャラジャラ持ち歩くのも嫌だし、財布にお金が無くなるたびに、ATMからお金を下ろしてくるのも面倒です。

ATMの手数料は数十万円もの損失

ATMの手数料

ATMで5分並んで時間外手数料なんかとられたら、たまったもんじゃないですよ。

週に1回ATMを使って216円の手数料を取られている場合、一か月で1080円も取られる計算になります。

1年間では12960円、10年続けると12万円にもなります!

ATMの手数料って、何も生み出してないですからね。何の得にもならない。お金をドブに捨てているのと同じです。

ですから、ATMの手数料は「情報弱者からお金を巻き上げるための戦略」であることを、よく覚えておきましょう。

一方、クレジットカードならポイントもたまりますよね。

例えば、一人暮らしの場合、1%還元のクレジットカードを日常的に使用しているだけで、年間1万円~2万円相当のポイントがたまります。

10年使い続ければ10万円のポイントがもらえるのです。

何も考えずに、ただクレジットカードを使うだけで、年間1万円のお金を手に入れているのと同じことです。

ポイントを使って積立投資ができるカードもありますし、使用するサービスやお店によって、ポイントの還元率が高くなるカードもあります。

  • いかに効率よく、お金を使うか。
  • いかに効率よく、無駄をなくすか。

このように、クレジットカードを使いこなしている人間ほど、お金に関するリテラシーが高い傾向にあります。

わたしの身の回りでもそうです。

クレジットカードはよくわからないと言う人ほど、生命保険の見直しもしませんし、ふるさと納税もしていません。そういう人ほど、何も考えず銀行の高金利のカードローンを気軽に利用しています。

クレジットカードを嫌うお店は、今後、淘汰されるでしょう

時代の流れもあり、キャッシュレス化の波が押し寄せてきています。

日本人はとにかく現金払いが好きですが、若い人を中心にかなり現金離れが進んでいます。

スマホ決済や電子マネーも普及してきていますので、現金払いのみの経営では、今後厳しくなると考えます。

消費者からすれば「カードが使えないなら、そのお店には行かない」だけのことです。

クレジットカードの手数料をケチるようなお店は、消費者から選ばれなくなるのです。

ですから「少額で頻繁にクレジットカードを積極的に使うのは、低所得者層でしょう。 」というお店側の主張は、完全に時代に逆行していると思いますよ。

現金払いしている人こそ情報弱者なのです。

行きつけのお店とか仲の良い個人商店なんかでは現金を使う、っていうのは良いと思うよ。

 

でも、これだけ情報が広まっているのに、いまだに現金払いにこだわり続ける人は、自分が情報弱者であることを自覚したほうが良いね。