会社のトイレに隠れて泣いている毎日が辛い

トイレットペーパー キャリア

会社のトイレに入ると、個室からシクシクという声がもれてくる。

きっと誰かがトイレの個室のなかで泣いているのだ。仕事でミスしたのだろう。トイレにかけこんで泣くくらいなのだから、本人は相当悲しいはずだ。上司や先輩はフォローしてあげなかったのか? 本人は一人でこんなにも苦しんでいるのに。

きっとこの人は真面目で優秀な人なんだ。誰にも相談できず、一人でトイレに隠れ潜んで、静かに涙を流さないといけない。

でもこの人に救いの手を差し伸べる人間はどこにもいないんだ。この職場はあまりにも寂しいな。ぼくはそう思った。

あなたはどうですか?

仕事中に辛くなって、職場のトイレに逃げ込んだ経験はありませんか?

↑このように仕事中にトイレで泣いてしまったという人は一定数存在する。

調査によると2割の社会人がトイレで泣いてしまったことがあるそうです。

参考:メンタル崩壊……会社のトイレで泣いたことがある社会人は約2割「精神的に追い詰められて」

トイレで泣いてしまうという人は、真面目で優しい人が多いんですよね。そして責任感が強く他人の期待に応えようとしてまう。

つまり、トイレに駆け込んで泣いてしまった経験があるという人は、基本的に非常に優秀な人物だと思います。

だから泣いてしまう人は一切悪くないんですよ。

責任感が強すぎるために、ミスを強く指摘されてしまうと感情がこらえきれなくなってしまうだけ。ですから、トイレで泣いてしまう自分を責める必要はありません。

結局、悪いのは優秀で優しいあなたを泣かせるほど性格の悪い上司・先輩です。もっと言ってしまえば、その会社自体が悪い。

あなたはすごく頑張っている。それなのに上司や先輩のせいで涙が出るというのは、実に不公平な話ですよね。

ということで、今回はトイレで泣かないといけないほど辛い職場からはさっさと逃げ出すべき理由をお伝えしたいと思います。

トイレで泣いてしまうような会社からは脱出しよう

まず、仕事をしていて泣いてしまうという状況はかなり異常です。あなたの精神が悲鳴を上げている証拠なんですよね。

心のキャパシティをオーバーしているから、涙という形で感情が溢れて出ているわけです。それって、つまり上司からものすごく叱責されているということですよね? 

そんな状況が続くのはどう考えてもおかしいです。大事なのは、会社に尽くしてボロボロに消耗することではありません。一番優先されるべきなのはあなたの人生。

性格の悪い上司に付き合って、貴重な人生の時間を無駄にするのって意味不明ですもんね。そんな会社にいると、身も心もどんどん消耗していく一方です。

社員がトイレで泣くような職場環境はおかしい

さらに大前提として、社員を泣かせるような人間は上司失格です。そしてそんな性格の悪い上司を野放しにしている会社もありえませんね。

社員に涙を流させるというのは、れっきとしたパワハラ。普通は社内でパワハラ対策を取るはずですが、そういう自浄作用も無い会社ということです。

だから、社内のパワハラ窓口に相談しても、望むような結果は得られないケースがほとんど。ブラック企業は、社内の問題は簡単に握りつぶしてしまいますから。

世の中には社員を大切にしている会社がたくさんあります。ぜひ視野を広く持ってみましょ。今の会社でずっと働き続ける必要なんて全く無いんです。まずはそのことを意識してみてくださいね。

メンタルを病んでしまう前に行動を起こさないと大変なことになる

繰り返しになりますが職場で涙が出るのは人間の防衛本能の現れです。ものすごいストレスがかかっているからこそ、どっと涙が溢れてくる。その負荷は相当なものです。

そんな生活が続くと、最終的にはメンタルを病んでしまうかも知れません。例えば、不安障害・適応障害・うつ病というような精神疾患へと進行してしまう可能性もあります。

そうなると、病院に通いながらカウンセリングを受けて、薬を飲みながらの生活になるでしょう。メンタルを病んでしまうと、どんなに早くても半年間くらいは通院する必要があります。診察料、薬代、カウンセリング代も馬鹿になりません。1ヶ月に1万円〜2万円は飛んでいきます。

さらに精神疾患と診断されてしまうと、保険や住宅ローンを組めなくなるなど人生設計で不利な扱いを受けるケースも出てきます。

家が買えない、生命保険・医療保険に入れない・・・。そうなると人とは違った生き方をしないといけません。人生設計ぶち壊しですからね。

人と違った生き方をせざるを得ないというのは苦しいものです。ローンが組めないとマイホームにも住めませんし、医療保険・生命保険に入れないとなると病気や子育てが心配になってきます。

会社のせいでメンタルを壊してしまうと、それだけの悪影響があるのです。だからわたしはブラック企業が大嫌い。人間の一生を簡単に台無しにしてしまう。それがブラック企業。

ですから本格的に苦しくなる前にそんな職場からは脱出してください。あなたに適した職場は、必ず存在しています。トイレに泣かなくても済む、そういう会社を見つけることが先決です。

それこそがあなたの人生を守る最高の方法です。

涙を流しながら働く人生なんて苦しいですもんね。社員ひとりのことを大切に出来ない会社は、残念ながら完全にブラック企業です。転職は損切りのタイミングが全て。

そんな職場からはさっさと抜け出して、もっと働きやすい会社に転職してください。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

ただ、転職をしようと思っても、最初は分からないことだらけですよね。職務経歴書の書き方・面接対策・企業の探し方・応募の仕方など、初心者にとって転職活動のハードルは意外と高い。

そんなときこそ、転職エージェントを利用してください。ノウハウを持った転職のプロに、あなたにマッチする会社を探してもらうのが最も効率的な方法です。しかも利用料は完全無料。

確かに転職エージェントは、担当者によって相性が合わなかったり、定期的な電話連絡など面倒くさいところもあります。なので万人におすすめできるサービスではないとは思っています。

でも、それ以上にメリットが大きいんですよね。

キャリアカウンセリングから求人紹介まで、すべてサポートしてくれますし、わからないことは何でも相談に乗ってくれます。こうしたサービスが無料で受けられるというメリットがかなり大きいんですよね。

まず転職エージェントに登録すると、担当者とカウンセリングをすることになります。労働条件や年収など、あなたの希望をしっかりとリサーチしてくれます。

企業との仲介・交渉もすべて行ってくれるため、年収や勤務条件など、待遇面でのキャリアアップも大いに望めますよ。

転職初心者を悩ませる職務経歴書の作成も、エージェントがみっちりと相談に乗ってくれて、書類も全て添削してくれますので、不安も一気に解消できるのです。

土日や夜間でも対応してくれるので、働きながらでも無理なく転職活動を進められます。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、アドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。優秀なエージェントが担当になってくれればこっちのものです。後は内定まで最短距離で突き進めばいい。

このようにエージェントを使うことで、転職を有利にすすめることが出来るのです。

業界最大手のマイナビとDODA

20代の若い社会人には、業界最大手のマイナビとDODAをおすすめしています。

複数のエージェントを利用することで、より効率よく転職を進めることが出来るので、最低でも2社はエージェントを利用すると良いですよ。

特にマイナビ唯一の20代専門サービス『マイナビジョブ20’s』は20代の転職をいちからフルサポートしてくれるので、非常に便利。

マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’s
DODA
DODA

利用料は最後まで完全無料なので、まずはカウンセリングだけでも受けてみると良いですよ。プロに相談することで頭の中のもやもやがクリアになりますからね。

さらに転職するなら絶対に20代が良い理由という記事にも書きましたが、20代の若者ほど良い条件で転職ができますよ。年収の大幅増加が望めます。

エージェントを使うメリット

手厚いサポート

転職エージェントのサポート
  • 職務経歴書の書き方指導・添削
  • 面接対策
  • 面接のフィードバック
  • 企業との条件調整・日程調整
  • 希望企業への推薦
  • キャリアカウンセリング
  • 適性診断
  • 非公開求人の紹介
  • 内定後の入社交渉代行 など 

カウンセリングでは、エージェントの”経験”と適性診断を用いた”客観的な分析”をもとに、ユーザーの隠れた強みや適性を引き出してくれます。その結果として、希望や強みにマッチした最適な求人にたどり着くことが可能になるのです。

エージェントというフィルターを通すことで、ユーザーがミスマッチを起こす確率、ハズレを引く確率が大幅に低くなるのです。

さらに求人応募後の日程調整など、企業とのやり取りもすべてエージェントが行ってくれます。また、面接に向けた追加の求人情報はもちろん、個別の面接対策も実施し、万全な状態で面接にチャレンジすることが可能。

もしも面接に通過できなかった場合は、その理由を採用担当者に確認してくれるので、そのフィードバックをもとに次の選考に活かせるようになりますよ。

人事部との強力なネットワーク

転職エージェントは企業の人事部とのネットワークを持っています。

企業の求めている人物像や合否の理由を求職者に伝えてくれますので、ユーザーが1人で転職活動を行っているだけでは絶対に手に入らない情報を活用することができますよ。

このネットワークが非常に強力で、転職初心者ほどエージェントを使うべき最大の理由なのです。さらにエージェントが抱えている求人案件は、通常の転職サイトでは掲載されていない非公開求人がほとんどです。(そうでなければ転職サイトとの違いがなくなってしまいますからね)

つまり、転職サイトに登録してコツコツと求人を探すスタイルに比べて、隠れた良い求人にありつける可能性が高いということ。

これもまたエージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

利用方法

転職エージェントを利用する方法は簡単です。まず、下記の公式サイトの入力フォームに、必要条件を入力するだけでOK。5分もあれば入力できます。

あとは、エージェントからメールか電話で連絡が届きますので、指示に従って最初のカウンセリングに進むだけでOK。

転職に踏み出す勇気がない場合は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめしています。決断はその後でも構いません。

大切なことはまずプロに悩みを相談してみることです。まずはそれだけで良いんです。

トイレで泣いてしまう自分を責めないで

繰り返しになりますが、まだ転職していない人は今すぐ登録して行動を始めたほうが良いですよ。結局、転職市場では若い人ほど有利に扱われます。

トイレで泣いてしまう自分を責めないでくださいね。あなたにストレスを与えてくれる上司・職場が悪いのです。

自分を守るための手段として転職を考えてみてください。

幸いにも今は好景気。転職するなら絶対に20代が良い理由【将来のことを考えよう】という記事にも書きましたが転職すれば4人に1人が年収が上がる時代です。条件の良い転職を成功させて上司を見返してやりましょう。

人生で一番若いこの瞬間を無駄にしないでくださいね。現実問題として、転職には年齢の問題がありますから、行動を後回しにすればするほど成功率は下がっていきます。

行動した人だけがよりよい会社に転職して、幸せな生活を手に入れることができるのです。今すぐエージェントに登録して、うっとうしい上司のいる職場からおさらばしましょ!

登録は5分でできますから、まずは登録してエージェントの話を聞いてみてください。たった5分のアクションで人生を大きく変えることが出来ますよ。